思ったことなど置いてみる

写真とか料理とかバイクとか

プレゼン (すみません、写真とかの話です。しかも長いです。)

わたくし法人向けITシステムの営業職なので、

仕事柄プレゼンテーションをする機会がけっこうあります。

 

お客様へのシステム提案や、製品セミナーなど様々なものがあります。

パワポPowerPoint:プレゼンソフトの代表)を使ったりして

・提案の背景

・現状の整理

・課題点とそのまとめ

・解決の方針

・提案システムの内容

・提案システムの効果

・システム導入の費用対効果

・導入事例の紹介

・サポート体制等の説明

などなど、話し出すと沢山あります。

 

よく本屋さんなどに

プレゼンのコツ

とか

買う気にさせるプレゼン資料の作り方

みたいなハウツー本があったりしますが、

やはり

・資料の書き方とか

・色使いの注意点とか

・立ち方喋り方、指示棒やレーザーポインターの使い方

みたいな基本となるテクニックは大事です。

 

 

しかし、実際にお客様と対面してお話しすると

どんなに頑張って作った資料より

どんなに気をつけて喋ったことより

遥かにお客様が真剣な眼差しで聞いてくださるお話があります。

 

それは「体験談」。

自分自身が体験した話。

内容は様々ですが、これが強い。

物凄く強い。

 

1時間かけた渾身のプレゼンより

10分の体験談の方が

「すごく、ためになった」

「とても興味深く聞いた」

と言われた時は、

嬉しいのか悲しいのかよく分からなくなります。

 

きっと自分の体験を語る時というのは

テクニックとは別の何か

表情や

声や

身振り手振りや

動きや言葉の間合いなどからにじみ出て

それが相手(お客様)に伝わるのでしょう。

 

もちろんその時も、先程の基本テクニックは必要なのですが

どんなにテクニックを積み重ねても

決して出て来ないもの

というのがあるのでしょう。

 

 

これは、何もプレゼンに限ったことではなく

何かを表現する

ということに共通するのではないかな

と思います。

 

文章や絵や音楽

そして写真も

 

どの分野にも基本となる大事なテクニックというのはありますし、

テクニックだけで伝えられるものも多いと思うのですが、

どれだけ多くのテクニックを身に着けても

自分の中にあるものを出す

ということは、やはり最強なのでしょう。

 

高度なマーケティングに基いて顧客の嗜好をつかみ

セオリーパターンを巧みに組み合わせて

その嗜好に沿った「作品」を作り上げる

というセールス第一のコンビニ弁当的手法も、

多くの研究と努力が必要

実現するのはとても大変なことだとは思います。

 

seki-albatross.hatenablog.com

 

多くの方に「いいね」と言って頂ける作品は、素晴らしいと思います。

しかし多くの人に伝わる「良さ」とは別の

少ない人にしか伝わらないけれど、

深く刺さる「良さ」

というものはあると思うのです。

 

そしてそういう良さには

テクニックとは別の

自分の中の何か

が必要だと思います。

 

そういうものを外に出すためには

まず自分の中に何があるのかを確かめないといけません。

何もないかもしれないですから。

何も無ければ出せません。

あるものしか出せません。

なければインプットが必要です。

なので、まず自分でそれを確かめることが大事です。

 

わたしが見ているこれは、

自分の中から来たものだろうか?

 

自分の中から何かをひねり出しているのか

それとも自分の外のものを組み立てているのか

時々区別がつかなくなります。

 

なので、

とりあえず私は自分の撮った写真を自分に見せています。

 

これは自分が感じたものなのかな?

これは自分の「形」なのかな?

それともどこかで見た誰かの「形」なのかな?

 

ついでに人にも見せて、その反応を見ていたりもしますが、

その反応が「いいね」であってもなくても、まぁどうでもいいんです。

 

もちろんそれが「いいね」なら、嬉しいですけどね。

 

 

 

「作品」なぁ、、、

趣味で写真を撮っていると

「作品」という言葉にぶつかります。


「作品作り」というと、
「高画質な高級カメラじゃないとダメ」
という方が多いです。

 

「あー、作品作りなら

 やはりフルサイズ一眼以上が必要だよ。」

とか言われます。

 

しかし、例えば

世界の審査性写真共有サイトの老舗である

FINEART-PORTUGAL.COM

(ファインアート・ポルトガル

は審査が厳しいと言われていますが、投稿する写真のサイズを無料会員に対しては1920x1080以内に限定しています。

www.fineart-portugal.com

 

1920x1080以上じゃないですよ。

1920x1080以内ですからね。

つまり

作品としての良し悪しを評価するためには、

1920x1080もあれば充分

ということでしょう。

※サーバー負担の軽減等のシステム要因も関係してるのは理解しています

 

個展を開いて大きく引き伸ばしたプリントを展示するならもっと大きなデータが必要になるでしょうが、それはもう運用上の要件であって作品としての要件ではないということでしょう。

ユーザー同士が「いいね」し合うインスタや500pxとは性質が異なり、審査に通らなかった写真は掲載されない審査制写真共有サイトの老舗の投稿基準が1920x1080以内です。

 

写真としての良し悪し

カメラの性能

 

そろそろ切り離して考えても

いいんじゃないでしょうか?

 

「野良さん」

わたくし、ゲームというものが苦手なのです。

FPSとか絶対無理です。

何よりも、まず酔います(笑)

 

そういうわたくしですが、唯一得意としているゲームがあります。

それは、洋ゲーの「JOURNEY」。

日本語版のタイトルが「風ノ旅ビト」というゲームです。

 

thatgamecompany.com

 

細かな内容は省きますが、オープンワールドな(順路的な制約が無く、フィールド内を自由に動ける)いくつかのチャプターを経て目的地まで旅をするゲームです。

 

そしてオンラインで世界の誰か一人のプレイヤーと一緒にプレイすることが出来ます。

 

ただし、その相手が誰なのか、名前はもちろん性別も年齢も国も分からず会話も出来ない仕様なので、ポワポワという鳴き声と自分の動きだけでコミュニケーションを成立させる必要があります。

で。

最近、このゲームでちょっとした変化があったんです。

「このゲームで」と言うよりは

「このゲームをプレイする日本人たちの変化」

と言った方がいいかもしれません。

 

それは、出会った相手のことを「野良さん」と呼ぶ方が増えたこと。

 

「野良さん」という呼び方自体はこのゲーム特有のものではなく、オンラインゲーム上の誰だか分からないプレイヤー全般のことを、様々なゲームで「野良さん」と呼ぶことが昨今の通例となっています。

 

ただ、この「風ノ旅ビト」というゲームの場合、オンラインで一時点で出会えるプレイヤーは一人だけであり、基本的には「二人で旅をしようね」というのがゲームの主旨となっているため、この二人の関係性が非常に重視されます。

 

 

何せ相手が何者か分かりませんし、ゲーム内のどこでいつ出会うかも分かりませんから、出会った当初は「どんな相手だ?」と探り合いになります。

 

増して初見でプレイする方にとっては、

「そもそもこれはプレイヤー(pc)なのかコンピュータ(npc)なのか」

の区別さえつきません。

 

さらに自分も相手も基本的には同じ姿なので、初見時の「何者?」感はすごかったりします。

 

YoutubeやTwitchの配信でプレイヤーさんの反応を見ていると、十人十色で面白い。

「何か同じ姿のが出た!」

「敵か?どうやって戦うんだ?」

「何で近づいてくるんだ?」

「妙に馴れ馴れしいなキモイ」

等々、人によって反応は様々なわけです。

 

================================================

さて、

ここからが本題になるのですが、

これまでは、この「何だか分からない相手」である「もう一人の誰か」には特定の呼び名がありませんでした。

ですから人によって

・こいつ

・あの人

・さっきのキャラ

NPC(※コンピュータだと思われている)

・相方/相棒

等々、様々な呼び方で呼ばれていて、その呼び方が旅を進めるうちに変化していくのです。

 

ゲームの性格上、基本的に戦闘行為はありませんし、なんせ何のガイドも無い「旅」なので、先輩格のプレイヤーには面倒見の良い方が多い。

「面倒見」の方法は人それぞれですが、それでも旅を進めるうちに初見の方にも

・これは敵ではないこと

・自分をリードしてくれていること

・自分を助けてくれること

などが徐々に理解されていきます。

 

その理解の度合いに合わせて、相手の呼び方が

こいつ →この人 →パイセン →兄貴 →師匠

のように変わっていき、最後には相手に礼を言ってゲームを終えることも多いという稀有なオンラインゲームなわけです。

 

ところが、最近登場したのが「野良さん」という呼び方。

 

初見で「何か来た!」と気づいた瞬間に

・これはコンピュータか?それとも野良さんか?

という選択肢になり、

コンピュータではない=「野良さん」だ

「野良さん」確定となります。

 

そして、一度確定してしまうと

「野良さん」という呼び方は、もう最後まで変わらない。

 

「◯◯な野良さん」のように何らかの形容が付いても「野良さん」はそのまま。

決して「相方」とか「パイセン」にはならない。

 

お分かり頂けるでしょうか。

つまり出会った相手に対するイメージが広がりにくくなってしまう。

もともとその人が持っていた「野良さん」というもののイメージに縛られてしまう。

「野良さん」という呼び方=「名」によって相手へのイメージが縛られてしまう。

そう感じます。

 

結果的に、旅の相手が自分の中の「野良さん」以上のものにならない。

自分にとっての「野良さん」以上の価値を持つものにはならない。

プレイ時間は1~3時間程度なので、最初から最後まで同じ相手と旅路を共にすることが出来るのですが、最後に別れてしまえば次にまた会える保証など無いわけです。

正真正銘の「一期一会」

 

しかし、相手が「野良さん」になった瞬間、

なんせ野良さんですから

「名前も知らないけれど一緒に旅した誰か」ではなく

「野良さん」ですから

 

つまりまた別の「野良さん」に会えるので、

一期一会ではなくなってしまうので、

相手の存在が軽くなる。

 

 

古い映画ですが「陰陽師」という作品の中で、「名」というものは最も身近な(「しゅ」、呪術のようなもの。)と言われていました。

 

名によって相手を縛る。

名をつけることで、正体を与える。

形と有様を固定して「わからないもの」から「わかるもの」へと変える。

 

「わからないもの」は怖いけれど

「わかるもの」なら怖くない

 

「わかるもの」となったモノを「わからないもの」に戻したくない。

だって怖くなってしまうから。

 

なので、名をつけたら最後、その名は決して剥がされない。

別の何かには変われない。

「名で相手を縛ったのだ、わかったのだ、

 俺の勝ちだ、もう怖くないぞ。」

 

しかし、実際には相手は何も縛られていない。

風ノ旅ビト」でも、相手は自分が「野良さん」と呼ばれていることなど知らない。

 

本当に縛られたのは、名をつけ「縛った」と思っている自分自身。

自分で自分を縛っただけ。

自分で「わからないもの」を「わかった」と思い込んだだけ。

 

そして結果的には、もっと見えなくなっている。

もっと分からなくなっている。

そのことに気づけなくなっている。

 

何かに名前を付けるというのは

けっこう怖いことなのかもしれませんね。

 

 

追記:

いわゆる「科学」というものの中にも

・名を付けたから、もうわかった

・説明出来たので、もうわかった

という価値観がそこかしこにあるように思います。

しかし、どのように説明出来ても、

それが正解であると断定出来るかどうかとは

あまり関係が無いと思うのですけどね。

 

 

 

 

◯◯の色

写真界隈で話していると、

・レンズの色

・フィルムの色

等にこだわる人がけっこういらっしゃる。

 

このレンズで撮った写真の色がいいのだ。

このフィルムで撮った写真の色がいいのだ。

 

 

さて。

フィルムを使うカメラでカラー写真を撮る場合、

それが写真として出来上がるまでにはいくつもの処理が必要になります。

 

ザクっと書くとこんな感じ。

1.メーカー指定の手順でフィルムを現像する

2.フィルムを引き伸ばし機にセットして暗室で印画紙に露光する

3.露光された暗室で印画紙を現像/乾燥する

 

さて、この1から3の処理で、一般的に自分で出来るのはどれだろうと考えると、

どれも出来ないわけです。

 

「何を言うか、出来るぞ。

 あーしてこーして云々すれば自宅でも出来るだろう。」

というお叱りもあるかもですが、

 ・薬品や各種の機器類(特に引き伸ばし機)を購入/保管/管理して

 ・暗室として使えるスペースを確保する

というのは

「一般的に誰でも手軽に出来る範疇」を超えている

と思うのですよ。

 

結果的に、これらの処理はいわゆる写真屋さんに頼むことになるわけですが、写真屋さんは沢山の注文を裁かなければならないので、これらの処理は機械で自動処理します。

 

お願いする時に、

「ちょっと濃い目の色にお願いします」

とかは出来ますが、

「空の部分の彩度を下げて、全体にブルーを強目にして、モデルの肩から下をアンダー目にしてください」

とかは注文できない。

要はほぼ自動処理に任せるしかない。

 

だからこそ、

レンズの色とかフィルムの色というのは大きな意味を持ったと思うのです。

 

 

でも今はデジタル処理が主流。

RAWデータをLightroomやCaputureOne等で処理すれば、

彩度も色味も明るさも全部自由になります。

もちろんカメラ毎(センサー毎)やレンズ毎の色特性というものは今もあるわけですが、フィルムに比べるとデジタルの方が自分で調整出来る範囲が遥かに広い。

 

自分の好みの色が

特殊な機器や環境を揃えなくても

誰にでも手軽に作れる。

 

素晴らしい。

 

ところが、です。

しかし、です。

これらの調整を自分でするには、それらに対する知識と理解が必要になる。

色温度

ホワイトバランスって何?

色かぶり?

ハイライトとホワイトは何が違うの?

シャドーとブラックは何が違うの?

彩度と自然な彩度は何が違うの?

輝度ノイズとカラーノイズって?

等々、自分で理解しないと何も出来ない。

 

理解しないであれこれ触ると
迷子になって変な写真が出来上がる。

 

そう、全部「自責」。

 

間違っても、

これらのことが分からなくて

自分の求める色にたどり着けない言い訳に

このレンズで撮った写真の色がいいのだ。

このカメラで撮った写真の色がいいのだ。

と言って譲らないような状態にはハマらないようにしたいものです。

 

 

※そのカメラ特有のピクチャースタイルやアートフィルターと呼ばれるものは、特殊な処理を施しているものがあり再現が難しい場合もあります。そういうものはここでは除外して考えています。

 

 

ブリッピング・シフトダウン

バイクの話なんですが、今って
アクセルを軽く開けて
回転を合わせつつ
シフトダウンすること
リッピング・シフトダウン
て呼ぶんですね。
 
何か「技」っぽさ満点だし、Youtube等でも解説動画がいくつも出されているのだけれど、
勘違いしてる人が多くて驚きます。
 
曰く、
 
シフトダウンで回転合わせをするのは、
・コーナーの手前だけだ
・高回転を維持してコーナーに突っ込むためだ
・十分に減速せずにコーナーに突っ込むことになる
・ミスって回転を上げ過ぎたら急加速になって危ない
・見た目的にかっこいいかもしれないけど一般的な市街地走行では不必要だ
 
等々
 

 
だが待て、かなり違うぞ。
 
【前提知識】--------------------------------
まず前提としてバイクのシフトはクルマと違って
1↔N↔2↔3↔4↔5↔6
と各ギアを順次往復する仕組みになっていますね。
 
6速から3速に一発で入れることは出来ない。
必ず5速・4速を経由しないと3速には入れられない。
 
そして、クラッチを切ったまま、足元のシフトレバーだけで
6→5→4→3速
のように確実にシフトチェンジ出来るとは限らない。
 
何故か?
 
バイクのシフト機構にある「ドッグクラッチの特性で、
クラッチを切ったままの何速分ものシフトダウン
失敗する場合があります。
 
細かなメカニズム解説をここでする気はありません。
各自で調べて下さいね。
 
 
一気に6速から何速も落とすのが出来ない場合がある(ていうか多い)ということは、確実にシフトダウンするためには、
1速ずつシフトダウンの操作を繰り返す必要がある
ということです。
 
そしてギアシフトするということは、エンジン回転と走行速度(後輪の回転数)との組み合わせ(ギア比)が変わるわけで、何もせずにシフトダウンすると変速ショックが発生します。
※速度が同じ状態でシフトダウンすると、より高いエンジン回転数が必要となる=エンジンブレーキがかかる
 
このギア比は、一般的に6速より5速、5速より4速という風に低いギアほどギア比の差が大きくなります。
 
つまり
・何速もシフトダウンすると何度もショックが来る
・ギアが低くなるほどショックが大きくなる。
ということ。
 
うっかりエンジン回転数が高い状態で3速→2速にそのままシフトダウンなんてやると、
エンジンブレーキで後輪がロック→スリップ!
という可能性もあります。
 
ここまでが前提知識。
--------------------------------------------------------------------
 
では、これらの構造的な特性を頭に置いた上で、
さっきの話を振り返ってみます。
 
 
 
シフトダウンで回転合わせをするのは、
・コーナーの手前だけだ
 
違います。
「速度を落とした後、普通に加速出来る状態を維持したい時」
の全部です。
例)
何かの理由で前を走るクルマが減速しました。
※信号で止まるわけではないです
 他のクルマの合流とか、普通にありますね
あなたも減速します。
6速50km/hから15km/hまで減速。
前のクルマが速度を上げました。
さて6速15km/hからでは加速出来ません。
クラッチを切って、6→2速までシフトダウンしよう。」
(カチャカチャ、、、あれ?下がらないぞ?)
(ガシガシ!下がれよ!(低速のままオロオロ))
→後続車にクラクション鳴らされる・抜かれる
 
これ危ないでしょ?
 
1速ずつ確実にシフトダウンするために
適切な回転合わせを併用したシフトダウンが有効になります。
 
回転合わせはコーナーの手前だけで使うものじゃないんですよ。
 
 
 
・高回転を維持してコーナーに突っ込むためだ
 
違います。
目的は上記のようにコーナーだけではありません。
高回転の場合もありますが、
「その状況で必要となるエンジン回転数を維持するため」
なので3000rpm程度の場合も普通にあります。
つまり最低限必要な回転数を維持するということ。
交差点の左折等で減速/徐行した後、
6速のままじゃ再加速出来ないでしょ?
 
 
 
・十分に減速せずにコーナーに突っ込むことになる
 
違います。
減速してないならエンジンの回転数は下がりませんから、シフトダウンも要りません。
しっかり減速するからこそエンジン回転数は下がります。
その回転数が下がりすぎると再加速出来ずに失速してしまうので、シフトダウンするだけです。
 
 
 
・ミスって回転を上げ過ぎたら急加速になって危ない
 
違います。
リッピングで回転を上げ過ぎた状態でギアを繋いでも、一瞬カン!と衝撃が来るだけで、そのまま加速なんてしません。
アクセル全開にしたままでシフトダウンすれば急加速しますが
減速時にそれは普通やらないでしょ?
 
 
 
・見た目的にかっこいいかもしれないけど一般的な市街地走行では不必要だ
 
見た目がかっこいいのかどうかは知りません。
しかしです。
市街地では信号で止まる以外、速度は落とさないのですか?
-交通の流れとか無視ですか?
-クルマが駐車してて通りにくくても
-自転車がフラフラしてても
-歩行者が横断しようとしても
あなたは減速もせず同じスピードのままですか?
 
当たり前に減速するでしょ?
減速時に1速分のシフトダウンじゃ足りないことあるでしょ?
カチャカチャしてもシフト下がらないことあるでしょ?
だから確実なシフトダウンのために、回転合わせは有効なんです。
 
格好いいとかじゃなくて、
色んな状況が発生して
それに伴う速度変化も大きい市街地走行でこそ
早く確実なシフトダウンが必要になります。
そして確実なシフトダウンのために、回転合わせは有効なんです。
 
呼び名とかどうでもいいです。
より安全に走るためにも、普段使いのテクニックとして身につけた方がいいものだと思います。
 
 
 
【追記】
「じゃぁ何で教習所で教えないんだよ」
と言う人が出てきそうですが、
教習所が教えるのは必要最低限の技能だけです。
 
教習所で習うこと以外には
 よりスムーズに
 より確実に
 より安全に走るために有効なテクニックなど無い!
と言いますか?
 
 
 
 

これはよかったキッチン小物

料理とかしたりもする隻です、こんにちは。

 

キッチンで使う小物

これはええわ

だったものを3つほどご紹介です。

 

 

1.小ぶりの泡だて器

参考価格:1,100円くらい。

元々はドレッシング用の泡だて器なのですが、

その大きさが絶妙に良いのです。

特にホットケーキミックスとかタマゴ3個くらいとかを混ぜる時に

大きすぎず、小さすぎない。

先端が閉じてないので詰まりにくく洗いやすい。

貝印さん、包丁だけじゃないのね。

(ノ゚▽゚)人(゚▽゚ )/ イエ—イ

 

 

2.ドレッシッグ用の小さめ容器

参考価格:1,300円くらい。

数回分くらいのドレッシングを作ったりするのですが、

やはり「振って混ぜる」のは最強です。

しっかり混ざります。

120mlという小容量で、

そのままワンタッチで注げて液漏れもしない。

※240ml版もあります

HARIOえらい!

 

 

 

3.炒め物とかで便利なヘラ

参考価格:2,600円くらい。

ヘラと言ってますが商品名的には「スプーン」ですね。

先端が薄く柔らかくなっていて

フライパンのカーブに沿ってくれるので

食材をひっくり返ししたりすくったりが楽で使いやすい。

ハンドル部分はアカシアの木で、持ち心地

木べらとシリコンヘラ(スパチュラ)の合せ技みたいな感じでオススメです!

ちなみにメーカーは、お鍋で有名なStaub(ストウブ)さん。

 

 

 

どれもそんなに高いものではないですが、

機能とデザインのバランスが良いというか

気持ちを上げてくれる感じが素晴らしい。

 

やはり道具には、

この「気持ちを上げてくれる」という要素って大事だなぁ

と、最近強く感じている※のでした。

 

是非!

 

※主に年初にお迎えしたカメラ「リコーGRIIIx」さんの影響によるもの
( ̄▽ ̄;)

 

 

 

 

 

 

夏のバイクには気をつけましょう -最近バイクに乗り始めた方へ-

短い梅雨が明けて40℃近い猛暑の日が続いています。

もうすっかり35℃という気温が珍しくなくなってしまいました。

さて、

夏の暑い日にバイクで走っていると、

「バイクって涼しそうでいいよねぇ」

と言われたりします。

 

パッと見の雰囲気でそう見えるのかもですが、

涼しくなんかありません。

 

涼しくないだけでなく、そこには危険な状況があります。

 

気温が20℃台ならまだ涼しいわけですが、30℃を超えた晴れの日だと

舗装された路上の気温は40℃あるいはそれ以上になります。

その体温を超える熱い空気の中を身体むき出しで走っているわけです、バイクは。

しかも屋根なしなので、思いっきり日向。

 

早い話、日向で温風乾燥機にずっと当たり続けているのと同じです。

暑いので汗をかきますが、あっという間に乾いてしまうので汗を体感できません。

 

「あっという間に乾く=気化熱で体温を奪われている」わけですが、温風なので涼しくはありません。

でもとりあえず熱がこもる事はないので、炎天下でじっとしてるより

体感的には(これが罠)。

 

実際には

体温と水分が、物凄い勢いで奪われています。

何せ、温風乾燥機ですから。

 

自分が感じている以上に体温と水分を奪われ続けている。

そしてそれを自覚出来ない。

 

メッシュのウェア等(長袖)を着ていれば

直射日光と温風の直撃をある程度避けることが出来ます。

 

しかしTシャツ1枚のような薄着(しかも半袖)で乗っていれば

直射日光と温風の直撃を受け続けることになります。

 

そして直撃を受けていてもダメージを感じにくい。

 

街中を短時間走っているならまだいいかもですが

高速道路を使う時や

・郊外の「気持ちのいい道」を走る時は

注意してください。

 

あなたは、自分が思った以上に

冷えて乾いています。

 

涼しい所に入って

温かい物を食べたりしましょう。

ラーメンとかの汁物がいいかもですね。

水分をしっかり摂って、でも冷たいものはあまり沢山飲まないように。

 

 

どうか、お気をつけて。